引っ越し費用が安い業者の探し方と注意点は?

引っ越し業者を探すなら、とにかく安い費用で済む会社を探したいと思うのではないでしょうか。
ただでさえ転居するにはまとまった資金がかかるものです。
引っ越し業者にかける費用は、少しでも抑制したいと思うのが普通です。

「とは言え、どうやって一番安い引っ越し業者を探すか?」という疑問を持っている人も多いかもしれません。
いくら費用が安く済んだとしても、仕事自体がずさんであったり、いい加減であれば、何の意味もないといっても過言ではありません。

参考:引っ越し費用だいたいの相場と総額は?一番安い業者はどこ?

仕事の精度やクオリティも高くて、リーズナブルな費用の安い引っ越し業者を探したいなら、信頼できる不動産会社に紹介してもらうのが手っ取り早い方法です。
不動産会社であれば、生活や暮らしにまつわるさまざまなネットワークを持っているのです。

不動産会社の紹介に限ったことではありませんが、注意点として春先の繁忙期の時期は極力避けた方が無難です。
最近では「引っ越し難民」という言葉も盛んに取り上げられるなど、業界を取り巻く環境は厳しい状況にさらされています。

ましてや安い業者には、多くの注文が舞い込んで来ます。
不動産会社の紹介が期待できない場合には、ネット上の一括見積もりサイトなどの情報を参照するのも有用です。
体験談や経験談は多くの参考材料に満ちています。

引っ越し費用が安い業者はサカイ!

私はこれまでの人生で11回の転居をしてきました。
仕事での転勤とプライベートでの転居の半々でしたので、仕事が絡んだ引っ越し費用は職場の負担がありましたが、プライベートの場合は全て自費でしたので、とにかく少しでも安く作業をしてくれる業者さんを探すようになりました。

そんな中、私がこの引っ越し業者さんは安いと思ったのは、サカイ引越センターです。
サカイ引越センターを探したのは、ネットの口コミからでした。
口コミを信じて、サカイ引越センターに見積りに来てもらいました。

見積りに来てもらって、良かった点は、他の業者の見積りを伝えたところ、他社よりも引っ越し費用を値引きしてくれるということで、その場で決めました。
また、日にちや時間等をお任せるすると、もっと費用が安くなると言う説明をしてくれたので、即決して、引越しをお願いしました。

利用して良かった点は、とにかく引っ越し費用がそれまでの業者さんと比べてお安かったことです。
悪かった点は、特に感じませんでしたが、しいて上げるとしたら、とにかく時間に置かれる形の忙しい引越しになる点だと思いました。

しかしながら、また次の転居の時は、サカイ引越センターにお願いしたいと思っています。

引っ越し費用が安い業者はクロネコヤマト!

転勤が多い私は、新聞の折り込みチラシでクロネコヤマトの引っ越しサービスを知りました。
新聞を取っている方は、チラシや、新聞広告などにも、いつも業者の広告が出ているのでチェックしてみることをお勧めします。

今回の引っ越しにあたり、複数社で費用の見積もりを取っていました。
最後に見積もりをお願いした業者がクロネコヤマトです。

どの業者も似たり寄ったりの引っ越し費用で、クロネコヤマトさんは王手になるので他の見積もりよりも若干高めの金額でした。
しかし、他の業者も検討していること・見積もりをとっていることを伝えると、他社のお見積もりを任意でいいので見せて欲しいとのこと。

全てお見せすると、他業者の見積もりよりも費用を安くするので、ぜひうちで契約していただけませんか?との嬉しいお言葉が。
私はその場で契約をすることに決めました。

クロネコヤマトを利用して良かった点は、他社比較に徹底的に対抗してくれ、可能な限り他社よりも引っ越し費用が安くできるように動いていただけた点です。
営業感が満載ですが、少しでも安くして契約をいただこうとするその姿勢は、全然不快に感じることなく、むしろ関心しました。

悪かった点は、作業当日、スピードを重視しすぎて物の扱いが少し雑になってしまっていた点です。