海鮮酒場わんす、南浦和で発見した新鮮な鮮魚が食べられる本格海鮮居酒屋

店名:海鮮酒場わんす
住所:埼玉県さいたま市南区南浦和2-41-20 1F
電話:048-813-3022

南浦和駅から徒歩5分ほどのマンションの1Fni隠れ家的な本格海鮮酒場がある。

海鮮酒場わんすは、まだ30代前半の若い店主が出すとは思えない、驚くほど美味い新鮮な鮮魚と和食メニューが食べられる。
毎日自ら市場へいき、その日の新鮮な魚を仕入れており、刺身は日替わりだが盛り付けも高級店のようなセンスがある綺麗な盛り付けだ。

品によって値段が異なるが800円ほどから1200円ほど。
近隣にあるお店よりも値段は割高となるが、その味に値段も納得する。

海鮮酒場わんすで刺身以外に絶対食べていただきたいのが、話の真髄とも言える「鯖の味噌煮」700円。
時間をかけてゆっくり味を入れ、骨まで食べれるとうたわれるこの一品は一度食べたらリピートしたくなるメニューだ。

それ以外の海鮮の焼き、揚げと何を食べても美味しく、誰がきても美味いと唸るお店だ。

お酒もチューハイから日本酒、ホッピーと品揃えも良く値段も380円から800円とそこまで高くない。
海鮮酒場わんすの若い店主が忙しそうに料理を作るが、愛想がよく笑顔で接客をしており非常に好感が持てる。

駅からの立地も良く夜も1時まで営業しており、カウンター以外に座敷で8名ほど座れるので、一人で来ても良し、家族連れでも訪れられす。
南浦和で海鮮を食べたくなったら、間違いなく海鮮酒場わんすで決まりだ。