「飲食店」カテゴリーアーカイブ

ムスムス musmus、東京の玄関口・丸の内にある体に優しい蒸し料理レストラン

店名:蒸し料理レストラン ムスムス musmus
住所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル7F・丸の内ハウス
電話:03-5218-5200

東京駅丸の内口方面から、徒歩3分程度。
地方出身者にとっては、まさに聳えるように立つ新丸ビル。
美しいビル内には、財布とにらめっこせずにはいられないようなお店が厳かな雰囲気で並んでいます。

でも大丈夫!
今回ご紹介するムスムスが入店しているのは、新丸ビルの中でもカジュアルなお店が多い7階フロア。
ムスムスはきれいな居酒屋さんという雰囲気で、初めての人でも気兼ねなく、入れるでしょう。

ムスムスというお店の名前のとおり、メニューは蒸し料理が中心で全国各地の名産品や、オーガニック素材、旬の食材などを贅沢に利用したお料理が自慢のお店です。

素材そのものがしっかりと味わえるよう全体的に味付けは薄めで、シンプル。
野菜やお米などの甘さや歯ごたえを感じることが出来ます。
またどのお料理も盛り付けが非常にきれいで、小さなせいろに入れられた蒸し野菜や、蒸しご飯のキュートなこと!
食材しかり見た目しかり、「いい物を食べているなぁ」と実感することでしょう。

ムスムス一番のお気に入りは、おむすび。
(350円~600円)
握りすぎないけど、崩れない。まさにちょうどいい塩梅の握り加減。
てっぺんにちょこんと乗せた具材も可愛らしく、
他のお客さんが頼んだおむすびを見た人から
続々と注文が入る様子を何度も目撃しています。

正直、丸の内という土地柄だけあって、ムスムスのディナーはなかなかの価格です。
味はお値段以上と感じてはいますが、財布が頷けない時もありますよね。
ディナーはちょっと厳しいという場合は、1000円弱でたっぷりと健康的なごはんが食べらるランチメニューをおすすめします。

安価なお店も素敵だけど、
時々はムスムスのような食事で、体をいたわれたら幸せですね。

熊本県阿蘇郡産山村、産山水魚園のヤマメ定食はおすすめ!

店名:産山水魚園
住所:熊本県阿蘇郡産山村産山2236
電話:0967-25-2069

産山水魚園は、熊本県の阿蘇郡産山村にある川魚料理の店です。
場所はかなりの山村にあるので、ところどころで看板はありますが、ちゃんとナビ設定していきましょう。

産山水魚園のお店の周りには幾つものいけすがあり、それぞれに異なる大きさのヤマメなどが養殖されています。
そして定番の「ヤマメ定食」を頼むと、産山水魚園のご主人が網を持って各いけすを周りながらヤマメを掬っていき、それが調理されます。

食事をする小屋の周辺にいけすがあるので、その様子を見ることができます。
その後、定食のお盆が運ばれてくるのですが、ヤマメの塩焼きの他、刺し身、唐揚げが出てきます。

一番小さなサイズのヤマメが唐揚げになるようですが、熱々の唐揚げを頬張ると臭みのない上品な味が口の中に広がり、思わずビールが欲しくなること間違いなしです。

もちろん、飲めない人もご飯と味噌汁、美味しい漬物も出てくるので十分に満足できるのですが、飲めるのであれば飲めない人にハンドルキーパーをお願いした方が良いでしょう。
刺し身や唐揚げは単品でも頼めるので、酒の肴には十分です。

最後に、産山水魚園は食べるところがいわゆる小さな小屋という感じなので、曜日や時間帯によっては満杯になる可能性があり、予約をしていった方が無難だと思います。

主婦目線でつくるデリ・お弁当「Deli & Bento MORGANITE モルガナイト」

新潟市内には、レストランやカフェ内でテイクアウト用のデリのある所や、テイクアウト専門のお店も増えてきました。

その中で、2018年9月にオープンした「Deli & Bento MORGANITE(デリ アンド ベントウ モルガナイト)」は、
主婦の目線でつくるお総菜やお弁当が並ぶテイクアウト専門のお店です。

切り干し大根の煮物、ひじきの煮物、カボチャとひき肉の煮物、ナスとピーマンの味噌和え、ポテトサラダ、ピクルス、から揚げなどのお総菜は1パック 205円から、その他にも、タレカツ丼、ソースカツ丼、お弁当などがあります。

Deli & Bento MORGANITEのお弁当は、焼き魚や揚げ物、煮物やサラダなどがバランスよく入り、とても美味しそう。
あと一品欲しい時に便利な副菜を中心とした品揃えです。

Deli & Bento MORGANITEは、スタッフ全員が主婦とのことで、栄養バランスや見た目もよく、優しいほっとする味です。

切り干し大根やソースカツ丼は人気で、リピーターもいらっしゃるそうです。
クリスマスなどのイベント用に、またオードブルなども予算に合わせて作ってくれるとのこと。

営業時間は11:00~19:00。
定休日は日曜日、祝日。

店名:デリ アンド ベントウ モルガナイト Deli & Bento MORGANITE
住所:新潟市東区粟山1-22-1 ショッパーズエンドー104号
電話:025-384-0496

美栄橋駅から徒歩1分、てびちと小料理くろ木。

くろ木は、友人に紹介された看板のない店。

看板のない店は、ほとんどが紹介がないと入れない。
だが、くろ木はリーズナブルで旨いと聞いた。

電話予約は必須のようだ。

なぜならおかみさん一人で切り盛りしているらしく、予約のない日は不定休で休むらしい。
今回は友人と二人で予約をしてみた。

くろ木に入店すると明るいおかみさんが笑顔で出迎えてくれた。
私達はテーブル席に案内された。
お任せで二時間4000円のプランがあると聞き、それにした。

先ずは生ビール。
それを飲んでいる間にお刺身が出てきた。

旨い。

まぐろだがしっかり脂が乗ったほどよい中トロだ。

続いて豆苗と韓国のりのサラダ。
これも旨い。

お任せの為、次々と料理が運ばれて来る。

続いて泡盛を注文。
残波の黒がボトルで来た。

泡盛を飲んでいる間に天ぷらが来た。

沖縄の県魚グルクンと沖縄の島野菜よもぎを重ねた
よもぎとグルクンの天ぷらだ。

沖縄の粗塩島マースで食べる。

旨い。

続いて、くろ木の看板メニューテビチだ。
グロテスクな形はまさに豚足そのもの。

今まで見た醤油煮込みの豚足ではなくとんこつスープのような色だ。

一緒に出されたからしで食べるようだ。

まずはスープから。
旨い。

品の良いとんこつスープだ。

続いて豚足を食べてみる。

柔らかく煮込まれた豚足はプルプルしていてすごく旨い。

それからも、次々とチャンプルーやらお肉やら出てきた。

後で聞いたら、くろ木は二時間の間にストップを出すまで、かなりの品数の料理が出てくるらしい。

地元の食材や多国籍の料理が出るそうだ。

おかみさん一人でおしゃべりをしたり料理をしたり
お酒を出したりと慌ただしい店ではあるが、料理の味はどこか優しく居心地が良い。

モノレール駅から徒歩1分程なので那覇での食事で迷った際には一度出掛けてみてはいかかなものか。

店名:てびちと小料理くろ木
住所:那覇市久茂地2の25の1 
電話:098-911-1517

ラ ペルシュ/La Perche (さいたま市浦和区)、気軽に楽しめるフレンチ。

まだできたばかりの素敵なお店で、フレンチ料理がいただけるおすすめのお店「ラ ペルシュ」です。

店名:ラ ペルシュ/La Perche
住所:埼玉県さいたま市浦和区常盤6-2-14ときわビル2F
電話:048-832-9960

ラ ペルシュは、まだお若いご夫婦で切り盛りされていて、お二人とも控えめな接客で心地よく、お食事を堪能することができました。
おすすめのランチは、スタンダードなコースがA(1200円)・B(1800円)・C(2300円)と3コースあります。

ラ ペルシュで一番コスパの良いCコースをご紹介すると、前菜(3種)、スープ、パン、メイン(肉and魚)、プティフール、デザート、ドリンク(コーヒーor紅茶、子どもはソフトドリンク出していただけました)です。

どれも手が込んでいて、繊細なお料理でした。

この日のメインはお魚は白身魚のポワレで、外はかりっと中はふわっとしていて、贅沢な味わい。
お肉は赤ワインの煮込みで、お箸でも食べられるような柔らかさ。

パンは手作りで、ホイップに塩を混ぜたというバターをつけていただきます。
これが、本当に美味しかったです。

ラ ペルシュでは、本格的なフレンチをお手軽に、堅苦しくならずにいただくことができます。
家族連れ、女子会どんなお集まりにでも最適だと思います。

DELI+(デリタス)、広島市郊外の惣菜食べ放題のお店。

店名:DELI+(デリタス)
住所:広島県広島市安佐南区緑井2-6-25
電話:082-877-0703

DELI+(デリタス)はコスパの良いお店なので、ランチに良く利用します。
鶏の甘酢あんかけやしょうが焼きなどメイン料理はがっつり系が多く、またお惣菜のバイキングが付いているのでお値段以上にお得に感じます。
お惣菜だけでなく、お味噌汁、ご飯、ドリンクバーもお代わり自由で880円~と、DELI+(デリタス)は大変お財布に優しいお店です。

小さい子供なら大人料金分だけで、ご飯やお惣菜の取り分けができるのも、DELI+(デリタス)の嬉しいポイントです。
子供用の食器は用意していただけますが、幼児には少し大きいかもしれません。

子供用の椅子もありますが、DELI+(デリタス)はお子様連れが多いので椅子が足りない時もあるようです。
ただ壁側にくっついたベンチのような席もあるので、子供椅子がなくて困るということはありません。

DELI+(デリタス)店内は常に忙しそうで食器が山積みになっていることもありますが、店内の清掃が行き届いていないというわけでは全くないので、ファミリーや学生さんたちでいつも賑わっている印象です。

なお、地元のタウン誌にDELI+(デリタス)のクーポンが出ているときは、持っていくことをお勧めします。
私がクーポンを持って行ったときは、豪華なデザートが付いてきたので、さらにお得でした。

立地はJR緑井駅の近くにあり、駐車場も完備しているので電車でも車でも便利かと思います。

もつ鍋 ふくみ屋 野田店(大阪市福島区)は野田駅徒歩1分!

店名:もつ鍋 ふくみ屋 野田店
住所:大阪府大阪市福島区野田3-12-21
電話:06-6460-8180

秋冬になると恋しくなるのが”鍋料理”だと思いますが
そのなかでもやはりもつ鍋が好き!という方は多いかと思います。

そんなもつ鍋の中でも、大阪でもつ鍋の店を渡り歩いたわたくしが一番オススメするお店”ふくみ屋”を紹介したいと思います!
大阪駅から2駅離れた、環状線野田駅の駅すぐ近くにあるこのお店ですが、もちろんオススメはもつ鍋!と言いたいところですが、その前に1つオススメしたいのが”もつ塩”です!

鍋に入っているもつももちろんおいしいのですが、もつそのものを美味しく食べたいなら、ふくみ屋をオススメしております!
ジュワッとしたもつの食感と濃厚な味に驚くこと間違いなしです!

もつが食べれない!という方には他の鍋も3種類ありますが、やっぱり、ふくみ屋の店内を見渡してもほとんどの方がもつ鍋を注文しております。
驚くのが3人でお店に行ったときにもつ鍋を当然のように3人前注文すると「量が多いですが、2人前じゃなくて良いですか?」と聞かれたことに関しては驚きました。

キャベツやもやしなど定番の野菜にもつが乗っているのですが、量が半端じゃなく多いです。笑
最初出て来たときには確かに2人前で良かった…と思うぐらいでした。

ただ、一番驚いたのが価格です!もつ鍋というとやはりどうしても値段が張るのですが。
なんと、ふくみ屋は1人前1000円ぐらいに驚きです。

3人で2人前なので、1人700円という破格のコスパに、衝撃の美味しさに驚いてください!
ふくみ屋は、野田以外にもお隣の福島もありますが、予約をしていくことを強くおすすめしております!